コミックはスマホで読もう|電子書籍

スマホに漫画をダウンロードしていつでもどこでも楽しもう。便利さとお手軽感が一番です。

本の立ち読みと電子書籍

without comments

本の立ち読みというのは、内容を知るために必要な行為ではあるのですが、どこか後ろめたさが伴います。本屋さんに何も貢献しないし、その先にある出版社や、何より漫画家さんの利益になりません。しかし、表紙だけで買ってみて中身が大したことがなくてガッカリなんてことになってしまったら、次からは買う意欲が失せてしまいますよね。その点、電子書籍ならば漫画の立ち読みはし放題で、当然無料でついてきます。漫画の内容をじっくりと吟味して選ぶことができます。
実は書店に並ぶ本や雑誌やマンガ本というのは、出版社が書店に置かせてもらっているものだということはご存知でしょうか。そこに商品を試しに置いてもらっているにすぎないのです。そのため、本が売れなければ書店は、出版社との間に本の流通のやりとりを担っている流通へ、突き返すことができます。返本された本がたどる運命は悲惨です。だいたいが手垢にまみれているので、表紙が破れている本などは、カバーを取り替えて再び出荷されることもあるのですが、基本的に売れなくて突き返されてきた本なので、その後に再び売れるという見込みは限りなく低いものになってしまいます。そのため、返本された本は断裁処理をされてしまいます。言葉の通り、刻まれて紙のチップになってしまうのです。断裁チップは、溶かされて再生紙として利用されています。循環サイクルが成立しているのですが、せっかく作品として作られたものがこの世から消えてしまうというのは忍びでないですね。本や雑誌の返本率というのは高い水準を記録しています。中には半分以上が返本され断裁されている例もあります。
といっても立ち読みしなければ中身はわかりません。しかし書店で漫画を立ち読み可能にしてしまうと、あっという間に読まれてしまう可能性もある。何なら、漫画喫茶感覚で使われてしまいかねない。そうなると書店は商売あがったりです。そこでビニールのカバーをかけて中身を見られないようになっているのです。これは小説やノンフィクション、雑誌と比べても漫画の大きな痛手だと思います。もちろん、表紙で絵柄くらいはわかるでしょうが、それはすでに名前があるような人気作家に限られることではないでしょうか。新人の作家や、見知らぬ作家ならば、その絵柄とともにセリフ回しやコマ運びなどのセンスも確かめないといけない。そういう時に立ち読みが役立つのです。
その点、電子書籍ならば、複製が用意ですし、データを保存しておけば、いつでも呼び出すことができる。アナログの本に比べて悲しい運命をたどるということはありません。本屋さんに気兼ねすることなく無料でどんどんと試し読みをして下さい。

Written by sumahomannga

2月 6th, 2015 at 1:56 pm

Posted in 未分類